トラックと乗用車の買取金額と車高の関係

車には、車高があります。地面から、乗用スペースまでの高さの事です。その高さは、車買取の金額には影響があります。結論から言えば、低い方が買取金額は高めになります。

まず車高を低くするメリットはどこにあるかというと、デザイン性と機能性です。乗用車の車高が低くなっていると、全体的に引き締まっているように見えます。デザイン性に優れているので、車高を低くするためのカスタマイズを行っている車ユーザーも多いですね。 それとトラックの場合は、荷物の積み下ろしが関係しているケースが多いそうです。トラックというのはもちろん荷物の運搬が主になりますが、車高が低い方が積み下ろしが楽になると言われています。高低差が低ければ、その分労力も少なくなるからです。

このように色々なメリットがあるため、低車高の自動車は高く評価されるケースが多いと言われています。そのため車高を低く改造された乗用車などは、査定金額が比較的高めになることが多いそうです。もしも車高を低くするようチューンナップしているのでしたら、査定時にその旨を強気にアピールしてみても良いと思います。

ではトラックの場合はどうなのかというと、高く評価されるケースもあります。理由は上記でも申した通り、荷物を積むのが一因です。しかしトラックの場合は、乗用車ほどは車高が重要視されないようです。確かに車高が低い方が積み下ろしなども楽になるのは事実ですが、それでも乗用車ほど査定金額が大きく変わる訳でもないのです。トラックの場合は車高の高さというより、また別の点が重視されるケースが多いと言われています。

つまり車高がどれだけ査定金額に影響するかは、車のタイプによって異なる訳ですね。