カー・トラストでの車売却で必要な書類と注意点

カー・トラストという業者を通じて車売却をするためには、色々と書類が必要になってきます。車の買取店に売却する際にも書類が必要ですが、カー・トラストもそれは同じなのです。

ではこの業者に対してはどのような書面が必要かというと、例えば車検証や自賠責の書類や印鑑証明書などです。それらは全て、車の買取店がホームページでも明示しているような書面ですね。基本的には、買い取り専門店への必要書類とほぼ同じです。 また専門店では、委任状と譲渡証明書は用意してくれている事が多いですね。カー・トラストの場合も、その2つの書類を用意してくれていますので安心かと思います。ちなみにどちらの書面も、PDF形式のファイルでダウンロードをする事が可能です。

しかしカー・トラストを通じて車を売却する際には、1つ気をつけなければならない点もあります。車検証の名義ですね。 この業者を通じての車売却の為には、車検証の名義が本人になっていなければなりません。別の方の名義ですと、車売却が前に進まないのです。
フォルクスワーゲン ゴルフ買取

別名義にはどのようなパターンがあるかというと、代表的なものの1つは車のローンです。人によっては車のローンが残っている事もありますが、その場合は名義は本人になっていない筈です。恐らくローン会社やディーラー店になっているでしょう。

そのような時には、まずローンを処理しておく必要があります。全てローンを支払って、本人名義に変えておく必要がある訳ですね。 そして気をつけなければならないのは、ローン残債の処理は全て自力で行う必要があるのです。カー・トラストという代行業者がローンの残債処理をしてくれる訳ではありませんので、注意が必要です。

それ以外は、一般的な買取店とほぼ同じですね。 ただし状況によっては、何か別の書面が必要になる事もあります。そしてカー・トラストの代表の方は、司法書士でもあります。書面に関して少しでも不安な点があれば、ちょっと相談してみるのも良いと思いますね。